寝たら治る ふとん屋のおっちゃん

睡眠考房まついに来られるお客様の相談日記 子供の頃しんどいとき親によく言われました「寝たら治る」

・「寝たら治る」出版にあたって
このブログが本になったのが2007年でしたがとうとう完売してしまいました
今後再版の予定はないそうです。
もしよろしければおっちゃんのところにありますのでご注文下さい
少し改訂して持ってます もちろん送料も無料でっせ

睡眠考房まつい
〒551-0031
大阪市大正区泉尾1-4-1
TEL06-6551-0011・0324
フリーダイヤル0120−210−854


  
・HISTORY VIEW ←クリック


  ・体験宿泊ルーム完成←クリック

  ・ふとん屋のおっちゃんの敷パットが出来ました←クリック


アレルギー

体験貸し出ししたらファブリーズされてしまった

「大阪ほんわかテレビ」で紹介されたように2階で体験宿泊ができるのですが

おうちで体験される方には駱駝の敷ふとん、パシーマ、おっパァの3点を貸し出ししています。

戻ってきたらメンテナンスしますね

もちろん石けんで洗うのですが

先日、お貸しした方、石けんの香りが苦手だったらしく

パシーマやおっパァにファブリーズしましたと言われました

ええっ!!!

あぁ〜あぁ!!

もうこれで次に貸せなくなっちゃいました

仕方ないので自宅用に持って帰りましたが

妻曰く、うちでも使うのんイヤヤわ

なんでって思われますが

お客様の中には極端に過敏症の人もいらっしゃいますので・・・・

それぐらい気をつかってます

ファブリーズの危険性について


ご相談・お問い合わせは→ココをクリック




洗濯する方がキレイ!!

干すよりキレイ!魔法のような布団掃除機レイコップは普通の掃除機だった

http://blogs.yahoo.co.jp/maxspeed1000km/67576087.html


だからせっせとカバーを洗濯する方がいいですよってアドバイスしてるでしょ

パシーマキルトケット、パシーマパットシーツがあるとさらに有効です


ご相談・お問い合わせは→ココをクリック






アトピー

アトピー

5月にこの本の著者、佐藤美津子先生の講演を聴きに行ってきました

自分の考えが正しかったんやと自信が持てました。

ほとんどのお医者さんで処方されるステロイド

使っても治りませんよって言われておられます。

ステロイドを処方されてアレルギー検査されて

小麦、卵 ダニ・・・・・

陽性が出てるから食べないように・・・
ダニを徹底的に排除しましょう

ええっ〜 何食べさすん 無菌室で育てろっていうん

私の子ども達も幼児期にアレルギー検査されて

これ食べたらあかん 防ダニの寝具にしなさいと忠告されましたが

全く無視して何でも食べさせたし

防ダニふとん使わせませんでしたが

全員 アレルギーもなく普通に過ごしてます。

逆に私は子どもの時からずっとステロイド使ってきたので

今から20年前にステロイドをやめるまでたいへんな思いをしました。

佐藤先生はステロイドをやめて

食べ物を選択するのもやめて何でも食べさせなさいと言っておられました

詳しくは先生の本を読んでみてください。

「脱ステロイド 脱保湿」





入院58日目 パシーマでダニ対策になるんや

昨朝のNHK「あさイチ」ダニ対策が放送されていました

案の定、ふとんがもっとも多いと言われていた

しかし、こういうことになったのは生活の変化からです

昔の家は風通しもよく、湿度の高い季節も多い日本の風土にあった建物だったのが、欧米の建物が主流になり、密閉度が高くなってしまった
欧米の家はどちらかというと寒冷地仕様だからです
そして、主婦がいなくなって日中、部屋を密閉状態にし、ふとんは毎日干さない、カバーやシーツの洗濯頻度も少なくなる

冬は喉や肌に悪いからと部屋中を加湿して逆に不健康状態を作って、さらにカビやダニを増やしている

この環境ではふとんにはよくないに決まってます

研究する先生は何処に多いかという調査するんですから、原因はふとんですってことになり、それじゃぁ、防ダニ加工じゃ、高密度織りカバーで侵入を防ぐんじゃということになってしまう

なんか悪循環やねんなぁ

放送の中で、先生がポロッと言ってしまいました
羽毛ふとんや羊毛ふとんは中に入らないので表面を掃除するだけでいいって

確かにそうなんですが、ウールふとんもいろいろありまんねんダメなものも多い

羽毛掛も質がよくないものは羽毛そのものにアレルギー反応起こす場合がありまんねん

そして、こうも言いはった、
人に接する部分に居なかったら大丈夫
ふとん乾燥機を週一でするのと同じ効果は毎日の天日干し
起床後すぐに押入れにかたづけない

これらはうちに相談されたら必ず伝えることですね

取材のおうちで、夜になるとぜんそくの発作がでるからふとんが悪いかと思ったって

アレルゲンはふとんを敷く時に舞い上がり、子どもが小さい時は就寝前にふとんの上であばれたりします また、ひどい寝返りが多いとさらにアレルゲンが舞い上がる
畳に寝ているのも最も多い位置になってる

さらに悪いのはフローリングに寝ているとホコリが立ちやすく悪化しやすい どんだけ掃除しててもハウスダストをシャットアウトすることはでけへん

さらに、さらに悪いことに、完璧にしようとするお母さんの気の乱れが、子どもへのストレスになって悪循環に陥る

ダニの存在しない環境なんて作れないですから、ある程度は共存しなければいけないと考え、ふとんのメンテナンスをうまくして少しでも少なくする環境で質のよい睡眠をとることが大切です

そういうことから、パシーマ、サニセーフに挟まれて寝ることはアレルゲンを遠ざけるので、ダニ対策にはものすごく有効な手段です

洗剤とか、その他アドバイスはまだまだありますが、とりあえず、パシーマ、サニセーフの使用という改善から始めていくのがいいよと言いたかったのです

ダラダラ書いてしまったので、説明不足だらけですが、あとはパシーマを扱ってるふとん屋さんなら適切なアドバイスを受けられるでしょう

花粉症がでなかった?

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

    人気ブログランキングへ


先日 お客様からお電話がありました
ご家族で組子ベッドや駱駝敷を一通り使っていただいてる方からです

約一年前から使っていただいてます

昨春にご来店いただいたのは 中学生で夜中にトイレにたつということがあったりで 花粉症もひどい状態だったと記憶しています

寝具の状態もひどかったのでぜ〜んぶ取り替えてもらって
1年後のお電話でした

「不思議なことに今年 子どもに花粉症の症状がでなかったんです」

それだけが伝えたくてお電話いただきました

言うときまっけど 薬ではあれへんねんから寝具替えただけで治るということはありまへん

イイ寝具でちゃんと睡眠がとれているとこういうこともあるということでっせ

とにかく熟睡がいります 深い 深い 眠りが必要なんです

ちゃんと眠れてはらへん人 まだまだ多すぎまっせ

ご相談・お問い合わせは→ココをクリック

花粉注意報

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします


2月以降、どうも花粉が飛び交っていて アレルギーの方々は大変なようです

我が家にもそれに近い症状がでてるもんがありますがそれほどひどくないので窓も開いてるし 洗濯物も外に干しています

だから気がつかなかったのです

駱駝敷ふとんのサンプル貸し出しがあっちこっちから続けて依頼がありますが

メンテナンスで洗濯をしますよね その時 パシーマやサニセーフは当然ベランダに干しますわな

これがアカンかったんですな 今日 貸し出し中の方から途中経過を連絡頂いてようやく気がつきました

「駱駝敷ふとんにサニセーフ パシーマがすごく気持ちいいのはわかるけど ここで眠るとアレルギーがひどくなるんですが これって駱駝敷があわないのかしら」

 駱駝敷があわないんじゃないんですよ  大阪近辺は 今 花粉がものすごいたくさん飛んでる季節です その中でパシーマを干してるんですから 花粉がいっぱい降りかかってるんですね

今年は特にひどいのかしら 昨年まではこういう風に言われたことがなかったのにね

ということでサンプルのパシーマ サニセーフを 御自宅で洗ってもらうことにしました

そこへ また 貸し出しの要望がありました

ふとんはよく乾燥させてくださいねと言うと うちはアレルギーがあるから 今の時期外に干せないと・・・・

ということでこちらも サンプルは発送しますが開封してもし何かおかしかったら すぐに ご自分の都合のよいように洗濯してから使ってくださいとお伝えしました

どうもこの時期のサンプル貸し出しは注意が必要ですな

ご相談・お問い合わせは→ココをクリック

 

なんで自分だけこんな目に・・・

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします


ブログ書き始めた4年前にも少し書いたんですわ 自分のアトピーのこと

子どもの頃を振り返りながらもう一度考えてみたんです 母にも確認をとりながら

私が今で言うアトピーに悩まされるようになった時期を検証してみました

たぶん小学5年生の頃やったと思います たぶんというのは母に聞いてみてもはっきりしないから 自分の記憶たよりで

ちょうどその頃自宅兼店舗を建て替えたんですわ 住むとこに困るから私たち子どもは滋賀県の親戚の家に預けられていました 父母はというと 少しだけ借宿をとってあとは建築中の家(屋根もできていないところ)でふとん敷いて寝たそうです まるで路上生活のように  今では考えられんようなことしてましたなあ

というようなことで 夏休み中にほぼ家は完成して 私もはじめて自分の部屋がもらえたんです 

そしてその頃から始まった たぶん 

お尻や背中がかゆい しばらく親に言わずに黙ってたが どうにもこうにも掻きむしってかなりひどいことになってはじめて近所の医者に連れて行かれました

その頃 アトピーなんて言葉なかったように思います 先生から なんやこれ 湿疹やろということで 普通に塗り薬出されるんやけど 何回行っても治らん それからあっちこっちいろんな医者に連れて行かれて 皮膚をとって顕微鏡で見られて 「なんや ようわからんなあ けったいな湿疹やなあ」 とまさにアトピーの語源である 奇妙であったようです 

これが不思議とめったに顔には出ない 衣服に覆われた部分だけやったんです だからまわりの人には気づかれないのですが 修学旅行とかは恥ずかしかったです 

その頃からひどくなったことがもうひとつ 鼻が詰まりやすくなっていつも口をぽかんと開いてるようになりました 

こういう状態の中では眠ることにも問題が出てきて 深い睡眠がとれない日が続きましたね

親にしてみてたら 特に熱があるとか倒れるとかではないのであんまり心配もしてくれないし そのうち大きくなってきて中学生くらいになると体を見せなくなり あとは自分の意志でお医者さんに通うようになりました いつの頃からステロイドを出されるようになったのかわかりませんが ひどくなると薬をもらいに行く またひどくなるの繰り返しで 皮膚科の超常連患者になってました

皮膚科と耳鼻科を行ったり来たりで お医者さんに行っていない日はない状態が20才をすぎてもすっと続いていました なんで自分の体だけこんなひどい目にあわないといけないのかと思ったりの毎日でひどいマイナス思考で いろんことに助けを求めましたが 原因がなにかあるんじゃないかと思わずに そういう体なんだから仕方ないと思ってあきらめていたんですな

今 思うと あの新築から始まったわけやないですが 今でいうシックハウスというやつでんな そんなんわかりまへんわなぁ その頃では 

その部屋にいるかぎりずっとそうなってたわけですな 

それから結婚して 古い家に住むようになって 少し楽になってきたとき お客さんから聞いた情報なんです 新建材のホルマリンが原因でアレルギーがひどくなったとか それでいったんなったら治れへんとか そうなると洗濯の洗剤や柔軟剤でもひどくなるとか 

へえ そうなんや 自分の体もそうなのかもと思うようになり いろいろと情報を集め始めました

それを聞いたのが35くらいかなあ  すでに柔軟剤を使われると首や脇やらが真っ赤っかになるのはわかっていたので うちではぜったいに使用禁止になってましたが 洗剤まで疑うことはありませんでした

情報を集めるうちにわかってきたことは どうも合成界面活性剤がよくないようで特にすすぎが不十分やと肌着にかなり残留していて 汗をかくと溶け出して悪さするようなことがわかってきたんですわ

その頃 洗濯の担当は母で いつもいっぱい洗剤を入れるくせがあって 着ている服をただ水洗いするだけで泡が立つくらいでしたが これってけっこうどこの家でもあることだと思います 

保育園で 子どもがお漏らししたので洗濯機に入れて水洗いしてたら 泡がたってきたということも聞いたことがあります 

そういうことがあって思い切って我が家の洗濯を 昔の石鹸に戻してもらったんですわ その後 シャンプーや 体を洗う石けんも見直して 少し昔の状態にしていったら いつの間にか皮膚科に通わなくなってますがな 

へぇ〜 こんなことが原因やったんか それから化学物質過敏症という言葉がでてきて それやったら他にもいっぱい化学物質使てるんとちゃうんかいなと調べていたら 調味料もですがな 台所にもいっぱいあるんや 食器洗いもそうやったんや それで 次ぎにやったのは台所ですな 化学調味料 洗剤 全部処分しまして 買ってくるものすべてチェックしてみると けっこういっぱい あるもんで あんまり気にしたら 食べるもんがなくなってしまうくらいです

とりあえず いちばんよく使うものということで 味噌に醤油に米 そして出汁 これらを注意して 化学物質から遠ざかっていったら こんどは耳鼻科にもあんまり通わなくなってきましたがそれでも月に2回から3回は通ってました

それで最後に気がついたのが寝具やったんです 調べたら化学物質がいっぱいありますがな ポリエステル アクリルとふとんや毛布にいっぱい使てます

自分が使ってた寝具も 洗える寝具と称してポリエステルの敷 アクリルのボアのパットも敷いてるし アトピーがあるからと思って掛けも洗える化学繊維のふとんでした それにアクリル毛布も掛けてましたなあ 洗えたらいいと思って

これはやっぱりあかんやろということで 家中の寝具から化学繊維を追放したんです その頃 いちばん下の子が軽いぜんそくやと診断されていて 寝具のことや部屋の掃除のことでやかましくいわれていたんですが 化学繊維の寝具類を処分したら これもまた発症しなくなっていきました 

そうそうその途中 もうひとつやめたのはタバコです けっこうヘビースモーカーでした ロングピースを一日二箱も吸うときがありましたが きっぱりやめることにしたんですわ 妻も吸ってましたが当然 一緒に

こんなことでお医者さん通いがなくなったら気持ちも楽になって なんか今まですごいストレス抱えていたようで こういう気持ちもアカンかったんやと感じました

ここまで自分自身の生活を変えておいて 店にはやっぱりアクリルやポリエステルがいっぱい売っていたんではおかしいでんがな

それで思い切って店からもそういうもん置くのをやめようと全部処分してしまいました

そしたらでんな 売るもんがあれへん お客さんが買いに来られても 「すみません そういうのん置くのんやめましてん」というわけですから みんな帰ってしまいはります

このままではもう営業していかれへん せやけど どうしてもお客さんにわかってもらわかあかん やめたら終わりや

そこで不振が続くなかふとん屋を助けるためにやり始めたこと

8時の閉店後にでんな 店の前に屋台のラーメン屋を作ったんです 

これがけっこう近所の評判になってほんまに助かりました
とにかくふとん屋がなんとか続けられるように、いつも皆さんに忠告している 寝る間を惜しんでがんばらしてもらいました

ぜったいに信念を曲げずに押し通してきたら やっぱり わかってもらえるんですわ 3年ほどしたら たくさんお客さんが戻ってきてくれはりました 

商売がアカンようになってくると つい何かうまいこといくことないかと情報を探して すぐに結果がでることを求めがちですが それは間違ってますね できることから一歩ずつですわ そんなに急にうまくいくことはないんやね 人のまねしてもあきまへんのやね 

なんか話が飛んでてへんてこりんになってしまいましたが

というようなことがあったりして今のふとん屋のおっちゃんが存在するんでおます

ご相談・お問い合わせは→ココをクリック

かいたらあかん!

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします
          
 人気ブログランキングへ


ここ数日忙しくて ブログを書く時間がつくれませんでしたと言ったら えらい儲かってええなあと言われそうですが そうでもないんですわ とにかく 睡眠の相談などでお話しすることばかりに時間をとられて肝心の商売にはなかなか結びつかないんです

ということで土曜日に来られたお客さん 睡眠の相談と違って アレルギーの相談でした

おっちゃんが 子どもの頃から30ぐらいまで ひどいアトピーで悩んでいてそれを克服したというのを聞いて来はったんです

背中がめちゃくちゃ痒くて 掻きむしってひどいことになってるらしい それと首なども衣服がすれて赤くなってはりました

おっちゃん:「石けんでごしごしこすってませんか」

お客さん:「そりゃ お風呂入ったら 一生懸命洗いますよ 
       特に背中は痒いから ごしごしと洗います」

おっちゃん:「それは逆効果でっせ 
        痒いときは石けんも使わんほうがよろしいで
        だいたいやね 背中とか足とか腰とか
        洗いやすいとこは力が入るから
        残ってなあかん皮脂までそぎ落としてしまうから
        なんぼでもかゆなりまんねんで
         そんな時は湯船に長くつかるだけでいいんです
        それで汗腺が開いて汚れが出ていく
        お客さんけっこう乾燥してはるでしょ
        男と違って女性は 皮脂がすくないから
        洗いすぎたらあきまへん
        きつい洗剤使たらあきまへん
        なんにもしたらあきまへんで」

お客さん:「皮膚科行ったら アレルギーや言われて
       薬もらっていっぱい塗ってんねんけど
       ぜんぜんようならんねんわ」

おっちゃん:「お客さん ほんまに今晩から しばらく
        洗わんといてみぃ こすったらあかんで
        それから和紡布あげるから
        湯船につかってやさしくなでるだけにしてみぃ」

お客さん:「和紡布ってなんなん」

おっちゃん:「和紡布っていうのは 手紡ぎで糸に撚りが
        あんまりかかってない糸で作ったタオル
        みたいなもんです これでやさしくなでると
        石けん使わんでも汚れが落ちます
        今日はこれあげるから使ってみてください
        それからお客さん柔軟剤使ってるんちゃう」                   


お客さん:「柔らかい方がええから使ってるけどそれもあかんのん」

おっちゃん:「首のとこ赤くなってるでしょう たぶんやめたら痒く
        なれへんと思うわ 私もそれ使われたら
        ひどいことになったことがあるからわかりますねん」

おっちゃんのアトピーが治るきっかけは 自分の思いこみかもしれんけど
子どもの頃から口呼吸やったんをやめて 合成洗剤をやめて化学調味料やめて皮膚科行くのもやめて 何にもせえへんかったらだんだん治ってきて今ではどこがアレルギーやったんかわからんぐらいきれいな皮膚です
もちろん睡眠を上手にとってストレス作らんことがいちばんですけどな 

ということで 今日そのお客さんから電話ありました 何や知らんけど 和紡布でやさしくなでるだけで洗えへんかったら 背中、痒ないようになってきたということです 皮脂は落としすぎたらあきまへんで 皮膚が乾燥してカサカサやったらぜったに石けんで洗ったらあきまへん 特に女性は気をつけなはれや

掻いたらあかんでえというてもブログは書かなあかんねん

かいたらアカンのにかかなアカン ああ ややこしぃ

いろんな人に大切な思いを伝えたいので
 人気ブログランキングへ  ←←←ココをクリックして下さい
           できればこの下のCommentsをクリックして
               コメントをくださればうれしいです 

パシーマ愛用者急増!

ここでは あんまりCMはしませんが 今日は本気で宣伝しまっせ!

どないなってんのんか ここ最近 パシーマを買いに来られる方が急増しています ほとんどが口コミで来られますが 毛布を買いに来られた方も一生懸命説明しますと パシーマを買って帰られます(その前におっちゃんとこにはアクリル毛布置いてないんですからほしいと言われても困るんで一生懸命説明するわけですわ) ホームページにもまだ書いていないしブログにちょこっと書いただけやのに注文してくれはる方もいらっしゃいます ちゃんと載せたらもっと売れるんやろかなあ(もうちょっと商売っ気してもらわなあかんと妻がぼやいております)

よく夏だけのものかと勘違いされて 夏が過ぎると押し入れにしまう方がいますがパシーマは秋以降の方がより満足感が得られます これからどんどん寒くなっても 途中ちょっと温かくなってもこれを上下にはさまって眠るとパシーマが温度湿度を上手に調整してくれまんねんで こんな便利なもんはおまへんでぇ

でも不思議なことに このパシーマが嫌いや というふとん屋さんがあるんですわ

なんでかがよくわからんのんですが 伝え聞くところによると あの感触がいややとおっしゃるんです おっちゃんたちはこの感触がよくて使ってるのにでっせ わからんもんでっしゃろ 直接聞いていないのでよくわからないのですが 今日 来られたお客さんの話で 予測がつきます

「パシーマ使わせてもろたけど 何か肌ざわりが悪くて しばらく使ったけど今は使ってないんです 何か ざらっとして固い感じがするんですわ」

「何度も洗濯しましたか」

「そのまますぐ使える言わはったからそのままですけど」

「何度も洗濯してみてください これ うちで10年使ったパシーマでんねん」

「いや〜 こんな柔らかいのん! ほんなら ちょっとよく洗って もう一回挑戦してみますわ」

これが原因ではないかな 洗濯の回数少ないとやっぱりちょっと固いみたいでんな それと石けんが合成洗剤のお客さんも固い固いと言ってました

これからの寒い季節も快適に使うためには仕上がりソフトな天然石けんでないとパシーマの良さを継続できないのかもしれまへん

もうひとつ お客さんの娘さんでOリングテストできる方がいます

Oリングテストとは、指で作った輪が開きやすいかどうかで病気の有無をはじめ、薬の有効性や浸透点まで調べられる、画期的な診断及び治療法のことなんですが 食べるものや生活で使うものでもその人にあっているか有害でないかとかを調べられるそうです(詳しくはこちらを参照してくださいhttp://bdort.net/

彼女は自分が使うものは必ずOリングテストするのですが パシーマはぜったい大丈夫だと太鼓判押して帰りました これは本物ですといってくれました たぶんいい物はだれにでもいいもののはずですから みなさん安心して使えますよ おっちゃんもより自信を深めました

ちょこっと 下に値段書いておきますよって よかったらよろしゅうおたのもうします そうそう サイズはシングルが160×260 ダブルが190×260 これが おっちゃん達だけのグループのオリジナルサイズです 他ではやってないんですが これが一番 重宝するサイズでっせ

こんな露骨な宣伝したらもう誰も来てくれへんかなぁ

  • パシーマJr 145×240 6090円   サニセーフ S100×210 7350円
  •       S  160×260   7245円         SD125×210 8925円
  •       D  190×260 9450円         D145×210 9450円

  いろんな人に大切な思いを伝えたいので

  人気ブログランキングへ  ←←←ココをクリックして下さい

           できればこの下のCommentsをクリックして
               コメントをくださればうれしいです

いつも石けんしか買ってもらったことがないのに

おっちゃんがいつもお勧めする駱駝の敷ふとんや羽毛ふとんなどは水洗いができることになっています お客様から水洗いを依頼されたら使用する洗剤は合成洗剤では洗いません 必ずシャボン玉石けんとか太陽油脂の天然石けんを使用します  そのため ふとん屋やのに石けんも販売している訳ですが 石けんののぼりを見て それしか買いに来ないお客さんがたくさんあります

家族にアレルギーを持つ人がたぶんいるのでしょうが ふとんには全然興味を示してくれません おっちゃんもしつこく袋の中に情報誌やパシーマのリーフレットを入れるのですがほとんど反応なしです

今日来られたお客さんも今まで何年も石けんしか買ったことがない方でした

子どもが生まれたときに お祝いでパシーマをもらってはって 子どもにはずっと使わせていたのですが特に良いとも思ってなかったみたいです

先日 ちょっとパシーマの話になったので ちょっと一生懸命説明してみました

お客さん:「お母さんからもらったので子どもにはいいと聞いたのでずっと使わせ        てきました」

おっちゃん:「それは良かったですね それで今お子さんはいくつ」

お客さん:「小学校1年です」

おっちゃん:「ええっ そしたらもうパシーマちっちゃくて使われへんやん」

お客さん:「そうなんです せやから 最近は安い敷パットに替えていってんねん」

おっちゃん:「そりゃかわいそうや パシーマ使てたら他のもん使われへんで」

お客さん:「そうなんですか 別に何でも一緒違うの」

おっちゃん:「お母さん 一回でエエからその上で寝てみてください

        きっと良さがわかると思います」

ということで リーフレット持って帰られました

そして今日ですわ

お客さん:「パシーマ下さい 家族全員の分買います」

おっちゃん:「どうしたん 急に」

お客さん:「半信半疑で子どものふとんに入ってみたら あんな薄いのにしかも

       こんなに冷えてきたのに全然冷たくないし むしろ温かいのが不思議

       でした 一週間ほど試したけどますます気に入ってしまって これは

       ホンモノやと思ってん」

そうなんです ほとんどの方が最初は疑って買っていくのですが 必ずパシーマの虜になってしまいます  夏も 効果を発揮しますが これからの季節も手放すことができない寝具です

 

いろんな人に大切な思いを伝えたいので
 人気ブログランキングへ  ←←←ココをクリックして下さい
           できればこの下のCommentsをクリックして
               コメントをくださればうれしいです
記事検索
営業日カレンダー
Profile
おっちゃん
最近の寝具の多様化に嘆いているおっちゃんです 天然素材を使った寝具を重点的に活用し、寝たら治るを一生懸命訴えています 
無料で睡眠や寝具の相談にのっています。コメントでも、メールでも電話でもなんでも結構ですので、問い合わせてくださいね。店に遊びに来てもいいですよ 知らないこともまだまだあるのでわからないことは徹底的に調査してお返事しますのでよろしくお願いします
お勧めの本








Recent Comments
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ