寝たら治る ふとん屋のおっちゃん

睡眠考房まついに来られるお客様の相談日記 子供の頃しんどいとき親によく言われました「寝たら治る」

・「寝たら治る」出版にあたって
このブログが本になったのが2007年でしたがとうとう完売してしまいました
今後再版の予定はないそうです。
もしよろしければおっちゃんのところにありますのでご注文下さい
少し改訂して持ってます もちろん送料も無料でっせ

睡眠考房まつい
〒551-0031
大阪市大正区泉尾1-4-1
TEL06-6551-0011・0324
フリーダイヤル0120−210−854


  
・HISTORY VIEW ←クリック


  ・体験宿泊ルーム完成←クリック

  ・ふとん屋のおっちゃんの敷パットが出来ました←クリック


入院

整形外科は昨日限りとしたい

昨年の4月以来ずっとかかっていた整形外科、

昨日の診察を最後にもう行かなくてもいいことになりました。

たぶん・・・ですよ。

今後、背中や腰から再度痛みが出てこない限り診察にくる必要はありませんということになりました。

先生「パラグライダーやりますか」

私「いや〜先生、2年間は絶対にダメやねって言ってはったでしょ」

先生「そうやね、縦の圧力にはまだまだ心配やからね」

私「他のスポーツをしたほうがいいですか?」

先生「そうやね、できたらそのほうがいいと思いますけど
    すぐにはしないほうがいいですよ。
    もうちょっとガマンしましょ」

私「・・・・・・・ 考えときますわ」

ということで昨日、お見舞いをもらった方々に快気内祝いを送る手配をしてきました。

次はぶよぶよに戻ってしまった体を締めないとあきまへんが

スポーツはまだまだでけへんので他の方法を考えなあきまへんなぁ




暑くなったから半袖やねんけど

半袖


6月に入ってもしばらくは長袖着てたんですけど

半ば頃から半袖にしようと思ったら半袖がないがな

おかしいなあ、去年、どこに片付けてんやろ

昨年の夏を思い出してたら・・・

昨夏は骨折入院で7月中頃まで病院の中やった

退院後も10月までコルセットしてたからずっと作務衣という姿やったんや

昨年は一度も半袖シャツを着ないまま夏が終わってたわけね

で、押し入れの中探したら衣装ケースに

2年ぶりの山盛りの半袖シャツやポロシャツが出てきた

しばらく服買うことないなぁ

今年は半袖姿でええ仕事させてもらいまっせ!!

ご相談・お問い合わせは→ココをクリック



ちょうど一年過ぎました

胸椎の破裂骨折事故を起こしてから昨日でちょうど一年です。

ブログを読み返してみて、

ほんまにたいへんやったなあと思います。

手術もせずにここまで回復したことが不思議なくらいです。

しかし、しばらくは体が思うように動かず苦しい状態ではありました。

痛感したのは筋力の低下ですが、若いときに鍛えていた筋肉があったから

何とか持ちこたえられたと教えてもらって無駄に運動してきたんやなかったんやと思った。

最近になって気がついたことやけど筋力そのものも大切やけど

それよりも体のバランスですわ。

二ヶ月前と今とそれほど筋力は変わってないはずやのに

スクワットがでけへんかったのが一昨日何気なく腰を落としたとき

何も持たずに立ち上がってる自分に気がついた。

これは筋力の問題だけやないなぁと実感してます。

どっかバランスが崩れとったんやろね。

同じことは睡眠にも当てはまります。

どっかバランスがズレるとうまく眠れないようになる

寝ても治らんようになる。

寝たら治る体を維持するには生活のリズムを狂わさないようにして

正しい寝具で質のよい睡眠をとることが大切です。

完全にリズムを狂わせてしまって病院の世話にならなあかんようになる前に

睡眠の知識を持った寝具店に相談するのもいいと思います。


ご相談・お問い合わせは→ココをクリック






とりあえず完治と診断されました

メールの返信や配達やらで動き回ってましたら

ブログまで滞ってしまったがな

大事なことも書き忘れてました。

1月6日に3ヶ月ぶりに整形外科の診断を受けた結果

完治したと見なし、もう来なくていいよという診断でした

ただ、何をしてもいいということではなく、日常生活は問題なしということです。

重いもの持ったり、走ったりはダメですということですので

スポーツはやっぱりしばらく自粛です。

でも少し心配ですねと言ったので

半年後の7月に再検査だけしましょうということになった。

ということで皆さんに心配掛けましたが

快気ということでめでたしめでたし・・・

プールデビュー

image


昨夜はせっかく行ったのに休みだったので

本日、プールデビューとなりました

1kmぐらい泳いだらプールから上がるのも

やっとこさやった

毎日続けよっと


今月からプールで鍛えるぞ

image

入院でかなり落ち込んだ体力を取り戻すために水泳を始めようと思う。

10月から始めようと思ってましたが、腰の状態が完全ではなかったので

ちょっと回復を待ってました。

プールだと垂直の荷重がかからんので折れた脊椎に負担がかからずに筋トレできそう。

それでさっき気合いいれて「よし!行くぞ」で自転車で走っていったら

本日は休館日やて・・・・

あれ!!今 戻ってきて案内書見たら

月曜日が休館やけど祭日の場合は翌日が休館て書いてあった。

昨日、行っとけばよかった。

明日からにしよう

入院したら同級生が先生やったらしい

入院して寝たきりにされてると排泄の問題は

仕方なく看護師さんに丸投げですわな。

恥ずかしいとか言うてられへんわけですわ。

私も入院して次々起こる屈辱的な出来事に一週間は辛かった。

すぐ慣れますけどね。

女性の友人にに聞いた話です。

痔の手術で入院したら担当が高校時代の男性の同級生やったらしい。

えっ〜ってなったけど今さら断るわけにもいかず、担当してもらったらしい。

お医者さんはなんとも思ってないやろうけど、患者ははずかしいんでっせ。

ていねいにしとくわなって言われたけど、冗談が通じる心境ではなかったって

おまけに退院の時、また来てなぁ〜って言いよった。

ぜったいに行けへんわ!!って








入院したら気をつけたいこと6

入院したら気をつけたいこと

二つの病院を経験して思ったことです。

どのようにケアしてくれるのかプランを教えてくれるのは当然やのに、

ただただ、入院してるだけで今後の計画を教えてくれない先生もおるんや。

必ず、プランを積極的に聞いたほうがよい。

入院中でもセカンドオピニオンはあってもいいと思う。

嫌な顔するなら転院したほうがいい。

処置がなくても看護師さんは積極的に声を掛けなくてはいけません。

患者は精神的ストレスがものすごく大きいんやから。

最初の病院では何もなくても積極的に様子をうかがいに来て会話をしてくれたが、

一方の病院は、人手不足や高齢者が多いためか、

私のような患者はほとんど声がかからない。

これはいけないと思ったので、師長さんに改善を言いました。

院内のニオイ、 これは重要です。

古い病院でもキッチリしてはると臭くないです。

一方は新しいのに、臭いときがある。汚物が廊下に置いたままとかあってはならんやろ。

臭いと思ったら転院した方がいいね



入院したら気をつけたいこと5

入院したら気をつけたいこと

長期の入院の場合、うつ状態になりやすい

しかし、表に出ないこともある。

私の場合、途中で肩甲骨がおかしくなって、

どうしようなく痛い、うっとうしいで、眠れない。

引き出しにくだものナイフを入れていたけど

夜中にそれで刺しそうになるくらい苦しくなったので

朝、妻に持って帰ってもらったくらいです。

そんだけ落ち込んでいても、看護師さんが気分を尋ねに来ると

元気やで、大丈夫やでと言ってしまってた。

うつ状態にならないためには、睡眠の管理をすることですわ。

二つの病院を体験しましたが、睡眠の管理までできることはなかった。

消灯時間に電気消しに来るだけでは難しいでんな。

決まった時間帯に眠れるようにお昼にケアしなければいけませんが、

看護師さん達の忙しさを見てると、これはぜったいにでけへんなぁと思った。

自己管理か、家族のケアしかないですね。

難しい問題やけど、睡眠をよくしないと

病院でますます病気が増えてしまう。

ご相談・お問い合わせは→ココをクリック

入院したら気をつけたいこと4

image

入院したら気をつけたいこと

入院中にも書いたと思うけど、何と言っても朝の光ですな。

朝起きたら、カーテンやブラインドをガバッと開けること。

看護師さんにもお願いしておきたい。

一日のスタートをキッチリしてやらんと夜が眠れなくなってしまう。

特に高齢者ばっかりの病室はカーテンを開けようとしてない。

強制的に開けるべきですね。

四人部屋とかになると、入り口側のベッドにはほとんどお日さんがあたらん。

これがいけまへん。

プライベートがどうとか言うてる場合ちゃいます。

朝起きたら強制的に仕切りカーテンをしばらく開けるようにしてほしいなあ。

これは病院やからということではありません。

日常生活でも同じや。

毎朝、強烈な日の光を浴びるようにしましょう。

おっちゃんの寝室には東側にも窓がありますが、カーテンは外してます。

毎朝起きたら強烈な朝日が目に飛び込んできます。

そして、しばらく朝日とにらめっこして

これで一日のスタートですわ。




入院したら気をつけたいこと3

入院したら気をつけたいこと

最近の病院は空調がしっかり管理されてる

ちょっと古い病院は夜になるとエアコンが完全に止まるらしい

最初の病院はものすごく古かったので、

そうやったらしいが6月初めまでしか入院してないのでわからなかった。

image

先日、診察に行ったとき病院への要望があったら書いてくださいというコーナーに

貼ってあった要望を見て、夏は大変やったんやと思った。

早く転院してよかった。

転院後の病院も11時にエアコンが自動的に止まるんやけど

もう一回スイッチ押したらつくようになってた。


そこで空調がしっかりしてると暑い時期、パジャマを半袖にしがちですが

病院ではぜったいに要りません。 一年中長袖でいいでしょう。

冬は知らんけど、たぶん冬も暖かくしてあるはずやから

あまり厚手のパジャマは必要ないと思う。

それから立ってる人と寝ている人の体感温度が違う、

外から入ってきた人は特に夏は暑いと思うやろけど

寝てる人はちょうどいいねんなぁ。

そんな時、差し入れやって冷たいアイス持ってきてくれはったら最悪や

私も経験しました。せっかく持ってきてくれはったんやから食べるんやけど

体の芯まで冷え冷えでした。

入院中のパジャマには注意が必要です。


入院したら気をつけたいこと2

入院したら気をつけたいこと

自由に動き回れる入院もあるやろうけど、骨折とか、手術を伴うとけっこう長くベッドに寝てることになります。

3週間とか、数ヶ月もということになると、背筋が極端に衰えますますわ。

当然、足の筋肉も衰えますが、腰と背中の筋力低下が落ちてしまったことが

元の生活に戻るのに障害になるというのを思い知らされてます。

背筋が弱るということは腹筋も同じなんでしょうね。

もともと筋力が落ちている高齢者だと、日常生活に戻れないのは当たり前やなと感じた。

普通に歩けて、階段の上り下りも楽にできることが当たり前だと思ってるでしょうが、

一旦、筋力が落ちると元に戻るのが大変です。

日頃から筋力は強く維持する心がけは必要でっせ。

と言うても当たり前に動けてると何か対策しておこうなんて誰も思わんわなぁ

飲んだり食うたりも大事やけど、ストレッチと筋トレはやっときなはれや。

何かあったときからでは遅いでっせ。

そうそうもうひとつ衰えてたいへんやったのが頸椎ですわ。

背筋が衰えるよりも早く首の筋力が落ちてしまうことですわ。

病院でもリハビリやというて寝たままで首を持ち上げる運動させたりしますが、

これが間違いです。

うっかりするとこのために頸椎の捻挫を起こしたりしまっせ。

首を大きく持ち上げてって言われたら出来ませんって言うことでんな。

首を持ち上げずに、おでこに手を当てて首が上がらないようにしておいて首を起こそうとする

これだとずれにくいので首の筋トレになるそうです。

ほんまに一週間もベッドに拘束されるだけで弱ります。

日頃から鍛えておきましょう。

入院したら気をつけたいこと

9月30日の診察でコツセットがはずれて
ほぼ通常の生活ができるようになったところで、

入院中に気がついたことをまとめてみようとおもう。

閉店間際にお客様があってパソコンから投稿できなかったのでiPhoneからですわ

毎日、一個づつ書きます。

 敷環境を整えてあげる
本人気づかない場合もある
入院してるから病院のものしか使えないとおもってるかもしれないが、品質によっては許可がおりる場合があるのでダメもとで聞いてみよう

体圧分散しにくく、体が痛い場合もあるし、
分散しすぎて苦しい場合もある。

ベッドの上が主たる生活の場所で、長くなる場合もあるので、ここにガマンという言葉がついてはいけない。
病院側も食事以上に気を使いたいところだが、ええ加減なとこもあるなぁ。

普通の生活でも敷環境は、吸湿、放湿、保温が必要なんです。増して、24時間寝てる場所ですから、もっともっと気づかいが必要なものですよ

本人だけではなかなか改善できないので、
ご家族が細かくチェックする最重要項目だと思います。

またまたプチ内祝い

昨日は、プチ内祝いと称してふぐを食べに行ってきました

何回すんねんって言われますが、プチと称して何回でも!!

大阪とらふぐの会 PREMIUMといいまして会員にならないと入れないお店です
http://tora29.com/premium/

写真撮るつもりが、「うわぁ!」 「すごい」とか言うてるうちに全部食べ終わってしまってました

かろうじて、途中松茸を写真に収められただけでした。

近々また行くつもりですので次回はバッチリ写真に撮ってきます。

image

お世話になったコルセット

image


昨日、毎月一回ある診察の日でした。

背中を丸めてレントゲンを撮った結果、特に歪むことはないようなので

コルセットを外してもいいという診断がでました。

ということで今日からは一日中コルセットなしで活動できてます。

半年もお世話になったコルセットやけど二度とお世話になりたくない。

しかし、廃棄はしないほうがいいそうです。

保険がきくのであとで3万円がもどってくるのですが、

5年以内にもう一度お世話になるようなことがあったら

保険がきかないそうです。

5年間は大事に保管して置いてくださいと言われた。

きっと忘れられるやろうけど倉庫にしまっておこう。

それで先生に、もう何してもいいですかって聞いたら、

スイミングぐらいはいいけど

垂直に負荷がかかることと重いものを持つことは禁止って言われた。

やっぱり2年くらいはおとなしくしとかなアカンねんなぁ

ちょっと早いけどプチ内祝いや!!

って毎夜、乾杯してるけど・・・・


骨折の画像

骨折

体調もかなりよくなってきたところで、

骨折箇所の画像を久々に見てみた

これは骨折後、48日目に撮った画像です。

衝撃的でしょ。 脊椎が割れてる。

これで車運転して帰ってきてたと思うとゾッとします。

来週、腰を丸めてレントゲンを撮れるまでに回復してきました。

さて、何ともなければいいのですがね

脊椎骨折からの復活は時間かかるなぁ

image

胸椎骨折から5ヶ月が過ぎて、ようやくコルセットを外して仕事できる程度まで復活してきました。

入院中に同じようなことになった人の回復記をたくさん読みましたが、

皆さん、日常生活ができるくらいまではけっこう早く回復してるようですが、

けがをする前と同じように仕事ができるというには2年くらいかかったって書いてあった

リハビリと筋トレを一生懸命やったらそんなにかからんやろぅと思ってたが

いやいや、そうでもないなあと実感してきた。

室内でコルセット外して歩けるけど室外はまだまだ危険やし

ぎっくり腰したのと同じで、腰の筋力がめっちゃ弱ってるから

外したらグラグラしていつ倒れるかわからん状態や

店では仕事になるけど、配達はひとりでふとん抱えて歩かれへん

そんな時、妻に言われます。

サラリーマンやったら、大変やで
毎日、奥さんがついてきて仕事することになるんやでぇ

松井君これ配達してきてやと言われたら、奥さんも一緒についていくなんてあり得へんやろ

自営やからなんとかなってるけど・・・

すみません・・・・・・・・

ひとりで何もかもできるまでほんまに2年かかりそうやわ・・・


入院したら痩せましたが、妻も痩せたそうです

入院して基礎代謝量のカロリーだけ食べさせられているだけで9圓曚描蕕擦燭辰童世辰討泙靴燭

退院後1ヶ月をすぎると2キロぐらい戻ってきました。

きっと食べ過ぎ飲み過ぎが原因だと思います。

筋力つかずに、太ったら最悪ですな。

今日、友人から言われました。

「奥さん、痩せてきたんちゃう。
 みんなで噂してるんやけど、何かして痩せてはるんやったらエエけど
 そうでなかったら病気やでって言うてるんやけど」

3ヶ月ひとりで店を守ってきたので、
その心労で体を悪くしてるんちゃうかっていうことですわ

それで妻に尋ねてみました。

「痩せてきてるって噂やけど、そうなん?」

妻:「わかれへんのん・・・
   少し前にもふとん屋さんの集まりに行ったときに聞かれたよ」

「まついさん!!痩せたんちゃう
 ご主人にも言われるでしょ」

妻:「うちの旦那は気使いそうな顔してるけど
   まったくそういうのには鈍感でなんも言えへんねん」

私:「なに言うてんねん!!毎日見てたらわかるかいなぁ
   だいたい顔とか腕とか見てないよ
   お腹だけは見てる・・・・ぜんぜん変わりない」
私:「それでほんまに痩せたんかいな  なんでなん」

妻:「半年ほど前から毎週、ヨガ行ってるやん
   それだけの効果やで」

私:「病気でなかってよかったなぁ
   ヨガってそんなに効くや
   体動かしてもエエって言われたら一緒にしようぉと」

私が原因の心労のせいかと思ったら違うかったのでホッとしました。

ご相談・お問い合わせは→ココをクリック


若いときに体を鍛えるのは無駄ではありません

脊椎の骨折して、いろんな方々にアドバイスいただきました。

その中の一つ、
胸椎12番破裂骨折したのに、自力で運転して帰れて手術もなく保存療法ができたのは

運が良かったこともあるけど、この年齢まで筋肉を維持できてたこともあるそうです。

中年期になってから一生懸命ジムで鍛えはじめる方もあるけで

遅くから鍛えるのと若年期に鍛えるのとはぜんぜん違うらしい。

若いときに鍛えた筋肉は中々落ちないらしい。

中高生の頃、陸上競技をやってました。

決して早いわけではないけれど、休みなく黙々と体をいじめて鍛えてたことを思い出します。

特別なレースに出られるほどの実力はなかったけど

とにかく一生懸命やった。

かなり筋肉は鍛えてたと思います。

その名残で、20歳過ぎても家では筋トレしてました。

結婚してその後、なんにもしなかったので20圓曚病世蠅泙靴燭

当時の筋肉の元は残ってるんやね。

そして、その時の筋肉が今回の事故の治療を助けてくれたことは間違いないそうです。

筋肉が弱かったら、胸椎はもっとバラバラやったやろって、

皆さん、お子さんがまだ小さかったら中高生になったら

クラブでどんどん体いじめて鍛えることを勧めてくださいよ。

ぜったいに無駄にはなれへんからって、

このふとん屋のおっちゃんのように助かるかもしれんからって。

後で言われたことですが、
その筋力も90日も寝てたらもうすでに帳消しになってしまったそうです。
元に戻したかったら、その時以上の努力が必要やそうです。

まあ、またぼちぼちやりますわ。

若い方々、鍛えときなはれや・・・


ご相談・お問い合わせは→ココをクリック





ブログの更新

今日と明日は定休日です

入院中はずっと携帯電話からブログの更新していましたが退院してパソコンで書いているときょうのように携帯で書くのはうっとうしいなあ

ということで今日はネタなしでおしまい
記事検索
営業日カレンダー
Profile
おっちゃん
最近の寝具の多様化に嘆いているおっちゃんです 天然素材を使った寝具を重点的に活用し、寝たら治るを一生懸命訴えています 
無料で睡眠や寝具の相談にのっています。コメントでも、メールでも電話でもなんでも結構ですので、問い合わせてくださいね。店に遊びに来てもいいですよ 知らないこともまだまだあるのでわからないことは徹底的に調査してお返事しますのでよろしくお願いします
お勧めの本








Recent Comments
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ