寝たら治る ふとん屋のおっちゃん

睡眠考房まついに来られるお客様の相談日記 子供の頃しんどいとき親によく言われました「寝たら治る」

・「寝たら治る」出版にあたって
このブログが本になったのが2007年でしたがとうとう完売してしまいました
今後再版の予定はないそうです。
もしよろしければおっちゃんのところにありますのでご注文下さい
少し改訂して持ってます もちろん送料も無料でっせ

ブログを引越しました。
これからは、新しいブログにお越しください。

睡眠考房まつい
〒551-0031
大阪市大正区泉尾1-4-1
TEL06-6551-0011・0324
フリーダイヤル0120−210−854


  
・HISTORY VIEW ←クリック


  ・体験宿泊ルーム完成←クリック

  ・ふとん屋のおっちゃんの敷パットが出来ました←クリック


子育て

睡眠健康指導士上級

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん 
ついでにランキングへクリックもお願いします
    
人気ブログランキングへ



世界一 睡眠時間の少ない日本の子ども達

何といっても原因は親にあるわけです

幼少期からの睡眠リズムがおかしくなってるために感情の抑制ができなかったりするんですわ

リズムを作ってあげることができるのは親しかいまへん

これだけは大きくなってから取り返しができまへん

大人の都合で眠らせないのはおかしいですね

睡眠についてわからないことがあれば私たちに聞いてほしい

けっこう勉強してまんねん

しっかりアドバイスのできるふとん屋さんは全国にいてはりまっせ

相談には一切費用はかかりまへんねんで

寝たら治る ふとん屋のおっちゃんとこは上級睡眠健康指導士 睡眠改善インストラクターのいるお店です


ご相談・お問い合わせは→ココをクリック




70人の子どもの母になって

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

    人気ブログランキングへ


DSC09855旬のネタではありません
紹介しようと思ったまま一年も過ぎているのに昨日 気がついて 今 書いている次第です

この本の著者:伊東波津美さんはおっちゃんと一緒に地域のボランティア活動をしています
10数年前小学校のPTA会長を受けたときに一緒に副会長としてお手伝いしてもらってからずっと一緒に活動し続けてもらってます

一年前に出版されてすぐにブログに書くねと言ったらまだアマゾンとかで買われへんねんって言わはったから じゃあもうちょっとあとで紹介するわって言ったままで今日になってしまいました 失礼なことしましたわ

最近のニュースでも虐待とかで子どもが犠牲になってますが その他 いろんな事情で親と一緒に暮らせなくなった子ども達を施設ではなく 少しでも家庭のぬくもりを教えてあげたいと ご夫婦で70人以上も育ててはります それもご自分のお子さんが居るのにでっせ

こればっかりはまねできません 感服します
100ページほどですからすぐ読めます きっと涙があふれてくると思います

アマゾンでもまだ買えるって言うてはったから ぜひ読んでみてください
サイドバーの「お勧めの本」にありますが少しならおっちゃんとこにもあります

ご相談・お問い合わせは→ココをクリック




育児困難・・・原因が睡眠

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

    人気ブログランキングへ


少し前にいただいたお便りです
ブログに書いてもいいですかとお聞きしたら
快く承諾いただいたので原文そのままアップさせていただきました

子育てで悩んでいた原因が寝具を見直すだけで解決です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1ヶ月半ほどたち、おかげさまで子供(3歳半・1歳半)とともに良く眠れるようになり、睡眠だけでなく昼間の色々な事が改善されました。ありがとうございます。
そう言えば上の子は寝つきがずいぶん良くなりました(これは体質の問題だと思っていましたが)。以前は「寝られないよ〜」と泣きながら寝てました。下の子は、一晩中眠りが浅く朝泣きながら起きていました…。よく寝ていない子供と、ぐったりの母親の組み合わせで、育児がうまくいくはずがありませんね。思えば長女には、妹と仲良くできない、機嫌が悪い、などずいぶんレッテルを貼らせてしまったように思います。とても揉める事が多かったです。
私も寝られるようになった事、体じゅうの痛みがなくなったのはとてもありがたいですが、朝目覚めて(皆、起床時間が早くなりました)、娘たちが布団をかぶってなにやら2人でもぞもぞ遊んでいるのを見ると、一番幸せを感じます。

それにしても今回、子供にとって睡眠の大切さはもう少し強調されてもいいとつくづく思いました。食事の指導はけっこうされるんですが、睡眠はせいぜい、幼稚園ころまでには早寝早起き ・規則正しくを心がけましょう、くらいです。よく寝ていなければ、食べるどころじゃあありません。母子共に性格さえ変えてしまいます!
私の場合、育児の困難が睡眠にあることに気づくのに半年、寝具にまで気が回るのに更に一年もかかってしまいました。
 原因は愛情不足かと思っていたんです(;_;)。
ふとんやさんこれからも是非頑張ってください
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とにかくちゃんと寝かしてあげてください
睡眠が当たり前にとれないと食べることもうまくいかなくなります

とりあえずふとん屋さんに子どものふとんをチェックしてもらいましょう
きっと簡単に解決するかもしれません


ご相談・お問い合わせは→ココをクリック



お願い!そのふとんだけはやめたってほしいねんけど

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします


相談が著しく多いのがですね 子どもができて 赤ちゃん用品を揃えに行ったときに一緒に買ったふとんで 赤ちゃんが寝てくれないという相談ですねんけど

ほんまに もう 可哀想でっせ あのポリエステルばっかり入ってる敷ふとんでは寝られへんってずっと言うてますがな ね!

でも買われるお母さんは ベビー用品売ってるところに赤ちゃんが使えないものが売ってるはずがないと思ってはるのも確かです

ほんまに 作るメーカーもいけません だったらせめて小売りする側は売らないようにするとか 検討してもらわれへんやろかね
悩んだ末に ふとん屋さんに相談してくれはる方はまだ救われます
どっか身体が悪いのかとお医者さんにいくお母さんもいてはるんでっせ

頼んますわ ほんまに 可哀想やん

ご相談・お問い合わせは→ココをクリック

マジックではありません

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします



一年間も悩んではったんや

子どもが生まれるとき ベビー用品を売ってる大きなお店に行きます
赤ちゃんのものいっぱい買って揃えます
みんなかわいいものばかり売ってます

とうぜんふとんも売ってますな ベビーふとんと書かれてありますな

かわいいでんなぁ 

誰もが ベビーふとんて書いてあるんやから 赤ちゃんがスヤスヤと眠れる寝具を売ってるのは当たり前やと思てますなぁ 当たり前やと

何の疑いもなくベビーふとんセットを買って帰りますな

ところがそこから始まるんですな

生まれたときから不眠症でんがな

子どもがちゃんと寝てくれない 2時間おきぐらいに目を覚ましてぐずるんで どうしたらええのんかとずっと悩んできはりました

とうとうおっちゃんとこに来てくれはったんです

昨日 新しい敷ふとんとパシーマ サニセーフ届けてきました

今朝 おばあちゃんが早速報告に来てくれはりました

「昨日はよく寝たって言ってます すごいね」

「特別なことしたわけではありませんがな ね
 手品でも何でもありまへん
 吸湿の良い 保温力のある素材を使っただけでんがな」


ご相談・お問い合わせは→ココをクリック






近頃の入学式

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします


本日 ご相談に来られたお客様が二件ありました 一件はお近くの方で 古くからうちのお客様であるにもかかわらず 駱駝敷もパシーマも使ってもらってなかったというのが 今日 はじめて判明したわけです  当然 長々といつもの調子で解説したところ サンプルを使って実感していただけることになりました

もう一件は遠方より電車で来られました 子育てのサークルで話題になってたということで相談に来られましたが いろいろ説明の上 パシーマ サニセーフでとりあえず解決してもらうことになりました

この方にお聞きしたのが今日のJR環状線大正駅の大混乱

今日 京セラ大阪ドームで立命館大学が入学式をやってるそうなんです

プロ野球のイベントほど人は来ないと思いますが みんな同じ時間に来るわけで そのため小さな駅は超満員になってしまうんですな 

お客さんも目茶苦茶怒っておられました 次の電車が来てるのにホームが満員で改札がでれなかったそうです

主催者もちょっと考えてほしいでんな

というよりなんで京都の立命館大学が大阪ドームみたいなところで入学式をせなあかんの 

それで大学の入学式をちょっとニュースで検索したら 入学式が年々イベント化してるそうで 学生より父母のほうが多いくらいの出席者があるそうです

ラジオでもそのことが取り上げられていて 学長のあいさつでもお子様から目は離さなくても手は離してくださいとあいさつがあったとか

昔 幼稚園の入学式で聞いたようなあいさつで 驚きました

アメリカでも同じようなことがあるらしく こういう親を「ヘリコプターペアレント」というそうです いつも子どもの上を飛び回っていて何かあったら急降下して助けに来ることからそういうそうです

こんなことで大丈夫なんですかね

うちの息子なんか こんなん聞いたら信じられへんというでしょう せやけど孫の時は ちゃっかり出席してたりなんかして・・・

ご相談・お問い合わせは→ココをクリック

 

夜泣きするセミ

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

パソコンの具合が悪いのが先週 ずっとでした

よくわかる人にはどうってことないんでしょうが おっちゃんのようにただ使うだけの者にとっては難儀なことです

 どうも一部いただいたメールもなくなってしまったようで もしメールが届いていないようでしたらもう一度お返事下さい

遅くなっても必ず返信してますので

 

先週書こうと思ったことです ちょっと遅くなってしまいました

セミが鳴き始めたころ 夜も気温が下がらず暑い日でした めいの散歩で夜0時頃のことです 夜に鳴くはずのないセミがやかましく鳴いてるではありませんか

街灯がきつく光ってるそばの木だけでした めっちゃやかましかったですね

すぐ横のおうちの方は眠れないと思います

本来 夜は鳴かないはずのセミが最近 こうやって時々鳴くことが知られています  気温と湿度などの条件と 昼と同じくらい明るいところがあるのが原因らしいです

下を歩きながら考えていたんですが これって鳴くっていうより 深夜まで騒いでいるというほうがあたってるのではないかなあ

24時間 明るいコンビニの前で深夜まで騒いでいる連中がいるように

こんなことをするから精神状態もおかしくなるんですわ 毎日決まった時間に眠らないと 人のリズムも狂ってしまいます

セミも人間社会の犠牲になってるんでしょう 

資源の無駄使いとかの観点から コンビニも24時間をやめようという動きがありますが おっちゃんは子どもたちの睡眠のことから考えて コンビニの24時間営業はやめてほしいですね

寝ても治らんようになったらあきまへんから

ご相談・お問い合わせは→ココをクリック

これほど劇的に変わることもあるんですよ

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

先月 駱駝敷、パシーマ サニセーフを使っていただけたかたのメールを紹介したいと思います

勝手に載せてるんとちゃいまっせ ちゃんと承諾もろてますから

T様のメールの一部抜粋
「・・・駱駝敷で寝るようになって、部屋中を転げまわって寝ていることはなくなりました今まで、掛けはすぐにはがしてしまっていたんですが、それもなくなりましたそして私たちが一番心配だった、夜中に何度も何度も目を覚ますこともなくなりました、上の子が産まれてから4年間、ずっと夜泣きに悩まされていたので、本当に驚いていますよく眠るようになったので、朝は機嫌がよく、性格も少し穏やかになった気がします・・・

今まで使っていた布団は、ポリエステル100%の敷きにポリエステルの汗取り、綿のシーツでした布団は月1で洗って、他も3日おきに変えてました 寝具は洗えてさえいればいいと思っていたんです 

これを書いていて恥ずかしくなってきました 

本当に無知というのはよくないことですね 」

これはものすごい変化ですね 実際に見てませんが聞いただけでもダメだと思うでしょ 

洗えればいいだけのポリエステルの寝具では眠れないんですよ

ちょっと!お宅の寝具もよく見てみましょう

ご相談・お問い合わせは→ココをクリック

子どもの枕

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

最近 お客さんのネタを書いてなかったので 久々におひとつ

名前は出しませんが 有名な枕(ゴムが使われています)を買いに来られたお母さん

お母さん 「○○の枕置いてますか」

おっちゃん「置いてません 通気性が悪いことないですか
       蒸れませんか」

お母さん:「通気性がいいと書いてありますよ
       実は使ってるのですが子どもが私の枕をとるので
       同じものを買ってやろうと思って・・・」

おっちゃん:「うちは低反発とかいうのは置いてないし
        高さを調節できないものもやってないんです
        子どもさんはおいくつですか」

お母さん:「一歳半です」

おっちゃん:「それって高さ変えられるのん」

お母さん:「いいえ高さはひとつだけです
       でも誰にでもあうようになってると書いてあります」

おっちゃん:「ええっ 誰にでもあう枕はありません
        親が使える高さの枕を一歳半の子どもには
        使えません ずっと使ってたらお子さんの首
        おかしくなってしまいますよ
        一歳半の子どもに枕はいりません
        ぜったいに使わせてはいけません
        すぐにやめてあげてください」

お母さん「でもそれを使わないと寝ないんです」

おっちゃん:「それやったら 寝始めだけおかあさんの枕を
        使わせておいて寝入ったらすぐに取り上げましょう
        そんな枕買わんでもよろしいで」

こういう例はたくさん聞きます 子どもが親の枕を使いたがるので買ってやりたいのはわかりますが 変な癖をつけないことです。高さの合わない枕を小さいときから使い続けると首の変形にもつながります。何かを持たないと眠りについてくれないときは抱き枕のようなものを持たせるだけでいいので実際に枕を使うことで寝始める癖をつけないようにしましょう。

高くて首に合わない枕を小さいときから使い続けるとだんだん高い枕が好みになっていきます。それで将来 首の具合が悪くなって 原因は高い枕を使い続けてきたからと言われたら お母さんが責められますよ 「なんで私にあんな高い枕使わせたん もうちょっとちゃんと考えてくれたらこんなことになれへんかったのに」 なんて言われても手遅れかもしれませんでぇ

同じことは敷ふとんにもいえます 小さいときから天然素材のいい敷ふとんにねていたら・・・と大人になってから気がついても遅いでっせ

子どもの敷ふとん、枕 ちゃんと選択してあげてくださいね 子ども自身で選択することはできないんですよ 寝具を整えるのは親の義務です

いろんな人に大切な思いを伝えたいので
 人気ブログランキングへ  ←←←ココをクリックして下さい
           できればこの下のCommentsをクリックして
               コメントをくださればうれしいです   

特に幼児と高齢者はよいふとんが必要です

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

子どもが小さい時 おねしょとかするからあんまりいいふとんはもったいないから 使い捨ての安いふとんでいいねん

また お年寄りが わてらもうそんなに先、長ないよってにそんなエエふとんはいりませんわ

これってどちらも間違いです 幼児と高齢者は特に環境に適応する能力に欠けています それなのに 子どもに安モンのポリエステルのふとんなんかを使わせているから いつまでたってもおねしょがとまらん 寝相が悪すぎて 背筋がちゃんとならない 熟睡度が低いから 脳がしっかり働かない 

高齢者の場合 寒い寒いと言うて 掛けふとんに毛布を何枚も重ねて ガマン比べのように寝ている 寝間着もそうです 寒いからごっつい、ごっついのを着てそれでも寒いと下着を重ねて寝るらしい また  寒くて 入眠がうまくいかないと薬に頼ってる 冷えが収まらんと言って 夏でも電気毛布を使てる方もあるという

どれをとっても寝具を天然素材の良いものに替えれば劇的に睡眠環境が代わるのに もうええ もうええとガマンしているのはおかしいでっせ

言い方悪いけど そんなことしとったら 安らかに眠るなんてことと縁が遠くなりまっせ

また ここんとこ 気温の変動が激しいでっしゃろ こんな時は らくだの敷やパシーマ サニセーフのような 天然素材の寝具を上手に使っていれば 気候がころころ替わっても ついていけない体を寝具がしっかり守ってくれますねんで

子育て中のお父さん、お母さん、 とにかくええ子に育てようと思ったら エエふとんに寝かすことです そうしたら自然とかしこい子に育ちます

お年寄りの皆さん また お年寄りとご一緒にお住まいの方 いっぺんふとんチェックしてみてちょうだい お年寄りは これでええ ええ って言いますが いい寝具に寝ないといつまでも体が楽になりません 病気がつづくと大変です 家族も大変です 最後の最後まで元気にいてもらうには 寝具がいちばん大切です ややこしいもん使た健康寝具とかには くれぐれもだまされんようにして下さいよ 吸湿力の高い天然繊維の寝具を使って メンテナンスをしてくれてたら ぐっすり眠れるようになります ふとんは睡眠の大切な道具です 他のものに頼らず 寝具を信用して眠るようにしましょう

いろんな人に大切な思いを伝えたいので
 人気ブログランキングへ  ←←←ココをクリックして下さい
           できればこの下のCommentsをクリックして
               コメントをくださればうれしいです   

子育てバイブル

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

本の紹介ものすごくいい本を紹介していただきました 子育てで悩むお母さん 疑問や不安があるならぜったい読んでおきましょう ものすごくわかりやすく書かれています

子育てから離れた人も読んでほしいです きっと近くに悩んでいる親がいたら解決のヒントをさしのべることができるでしょう 

ぜひ読んでほしいので サイドバーにリンクしてみました

子育てに決まったマニュアルなんてありません こうすればこういう結果になるなんてありません だからお父さん お母さんは不安になったり、孤独になって閉じこもったりしてしまうことがあります そんな時にちょっとアドバイスしてもらえたらホッとするもんです 肩の力を抜いて 焦らず ひたすら子どもを信じて たくさんの経験を教えてあげれば きっと素直なよい子に育ちますよね

「本文より引用
 社会性とは、簡単に言えば「人とかかわっていこうとする力」のことです。・・・ 単純にルールを守ればいいとか、大人の言うことをよく聞き、お友だちとトラブルを起こさないといった結果だけに注目しすぎると、この「人とかかわっていこうとする力」の部分を見落としてしまいます。・・・・
 「ケンカはダメ!」「横取りは悪いこと」と、大人が一方的に注意して終わってしまうと、子どもが覚えるのは我慢だけです。・・・・
 自分の感情をコントロールして、人とかかわっていけることが、社会性を持つということです。

家族の単位が小さくなってしまって 家庭内での社会が薄れているので いきなり他人がいっぱいいる集団に入ればいろんな壁にぶち当たるのは当然です そんな時 わたしたちはダメなことはダメと 一方的に我慢をするだけを教えているようです ほんとは相手の気持ちを思いやって感情をコントロールすることを教えてあげなければいけないんですね

ここでは給食はすべて手作りで 鍋料理が出ることもあるしパンや麺を自分たちで作ったりもします

本文より引用
 本物の味を伝えたい
  
本来は、手間や時間をかけてこそ出せる”お袋の味”やとろみといったものも、化学調味料で簡単に作れるのだから大変便利です。でもそれは、やはり「似て非なるもの」。 刺激の強い人工的な味に慣れた舌は感覚が鈍くなり、わずかな違いを感知しなくなってしまいます。・・・・本来のおいしさを知らずに、形だけまねたものを本物だと思って受け入れてしまうのは、不幸なことでもあります。・・・・・

これはまったくそのまま寝具にも当てはまります

「似て非なるもの」 そういう寝具もどきの多いこと それを寝具と思ってる人たちの多いこと 寝るための道具は天然素材で丁寧に作ってあるものをいうのに 知らずに生きている人がいることは残念です 実際にポリエステル100%の敷ふとんで何年も過ごしてきた人が 初めて天然素材の敷ふとんに出会ったときのショックはすごいもんです ただただ病気をせずに生きてこれたことにホッとされます

ふとん屋のおっちゃんは「ほんものの寝具を伝えたい」

とりあえず この本読んでみてください 超オススメです

いろんな人に大切な思いを伝えたいので
 人気ブログランキングへ  ←←←ココをクリックして下さい
           できればこの下のCommentsをクリックして
               コメントをくださればうれしいです   

お腹すいて起きる!

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

少し前の朝日新聞に朝食のすすめという記事が出ていました

そんなタイトルがあるのが不思議に思うのですが これがけっこう子どもだけじゃなくて大人にも多いそうですね 特に男性 04年の調査で 20代が34.3% 30代が25.9%の人が朝食をとらずに出勤しているそうです

これって生活のリズムが狂ってるからで 夜更かし そして睡眠不足が原因なのははっきりしてます

「科学が証明する朝食のすすめ」香川靖雄著から
「炭水化物やタンパク質などの栄養素を補うと、脳に糖が補充され、集中力や作業能力が高まる 脳のエネルギー源は主にぶどう糖で、一日に120グラムが使われる そしてその元は食事である しかし食後4時間ほどで供給された分がなくなってしまう」

起床時は 夕食後からだいたい10時間たってるわけで 一日でいちばん血糖値が低いときです そんな状態で食事もとらずに 頭が動くはずがありませんね しっかり寝て 朝を迎えると 起きたらおなかがすいてるはずです

目覚めたら「おなかすいた」と感じて起きることって今時の人は経験ないのかもしれません おっちゃんが子どものころは朝起きたら おはようの代わりに 「おなかすいた」と言ってたように思います

仕事ができる、勉強ができるは朝ご飯のちからにかかっています 

朝ごはんが食べたくなるというのが当たり前になるためには リズムのある生活をすることで そのためには睡眠をきっちりとることが最も重要になります

そして睡眠をきっちりとるためには 起床は無理してでも早くし時間を変えないこと 昨夜 どんなことがあろうと 朝はいつも一緒の時間 これさえ変えなかったら 少々狂ったリズムも元に戻ります

リズムが完全に狂ってしまうと もう 「寝たら治る」は通用しなくなります

「寝たら治る」と言える間に生活のリズムを守りましょう

いろんな人に大切な思いを伝えたいので
 人気ブログランキングへ  ←←←ココをクリックして下さい
           できればこの下のCommentsをクリックして
               コメントをくださればうれしいです   

入学祝いに学習机を贈るよりも

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

学習机で検索していると気がついたのですが 最近はかなり高額なものが流行ってるらしいですな

タイトルも 
入学祝いに学習机を贈るならば、長く使える高品質なものがオススメ! 安全性などにも注目したいところ

とか

ゆっくりと着実に年を積み上げて、お子様の成長と重ねることができる学習机は

とか

高温多湿の日本に最適な木材なので、長く使いたい学習机の素材として最適

天然の・・・・材 、自然派塗装 木の呼吸による調湿機能

などなどと謳って やたら天然素材を訴えています すばらしい!

別に悪いことやないし そりゃ長く使うもんやからええもんにこしたことないんやけど おじいちゃんやおばあちゃんが買ってあげることも多いやろけど

しかし 机に天然素材とか言うてて ふとんは どうやねんとついつっこんでしまうのはふとん屋のおっちゃんやからかね

入学祝いに学習机を贈るならば、長く使える高品質なものがオススメ! 安全性などにも注目したいと言うならば

入学祝いに学習机を贈るよりも 質の良い睡眠をとれる高品質の天然素材の寝具を贈ろうと声を大にして言いたいのですが こんなこと言うたら家具屋さんから怒られそうでんな

家具業界では 子どもには天然素材を使おうって言ってるのに 寝具業界は 赤ちゃんからシニアまで 平気でポリエステルの綿をたくさん使うのは この業界がかなりおかしい!

とにかく勉強できるようにしてやりたいなら 質の良い睡眠がとれるようにしてあげる方が大事でっせ 毎日何時間ふとん使うかよう考えてほしいわ

うちの子どもらもひとりづつ机は持ってまっけど みんな食卓で勉強してました 机は物置にしかなってなかったでんな 机がないよりあるほうがよろしい ええ机の方がよろしい 

けどその前にしっかり睡眠がとれる寝具を使てるか見てあげてほしい といっても それが正しいかどうか 親にもわからん おじいちゃんおばあちゃんにもわからん まして子どもにわかるはずがないです 

どうでっしゃろ 入学前にチェック 子どものふとんは 熟睡のとれるふとんやろか 自信なかったら ふとん屋のおっちゃん いやいや どこのふとん屋さんでもええから尋ねてください

いろんな人に大切な思いを伝えたいので
 人気ブログランキングへ  ←←←ココをクリックして下さい
           できればこの下のCommentsをクリックして
               コメントをくださればうれしいです  

 

サンタは窓からやってくる

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

昨日に続いて 実験その2ですわ

これもちょっと無茶な体験でんねんけどできましたよ

駱駝の敷とパシーマ・サニセーフにオリジナル羽毛ふとんを買ってくれはる方に いつも極端な言い方します これだけ揃えてくれはったら 寒い冬に窓、開けっ放しても眠れまっせ

どなたもそんなことほんまにするはずはないと思うけど もし実践しはったらどうなるんやろと気になったので 自分でしてみることにしました 先日、極端に気温が下がった日に実行してみました おっちゃんだけやったらわからんので妻にも一緒にやってもらいました 寝室は3階の南側で南と東に大きな窓があります 二つとも全開にして寝てみました

おっちゃん:敷は「組子ベッド」 + 駱駝敷+サニセーフ
       掛はパシーマ+オリジナル羽毛ふとん

妻:敷はベッドマット+駱駝敷+ダウンパット
  掛はパシーマ+オリジナル羽毛合掛

結果 ぜんぜん平気 朝まで二人ともぐっすり 目覚めもスッキリ 何の問題もありませんでした こりゃほんまに外でも寝れるかも

そこで思い出したんですが うちの子ども達に小さいころに言われたことなんですサンタクロースはどこから入ってくるのんって

ほんまは煙突から入ってこなあかんのにうちには煙突があれへんって

「サンタさんは煙突ないときは窓から入って来はるんやでぇ」

と言って子ども達が寝たあと 夜中にこっそり子どもの寝室にプレゼント持っていったらでんな 窓が全開になってまんがな ぴゅーぴゅー風がふくなかで寝てまんがな

その当時はまだ アクリル毛布やパット使ってたから 子どもら見たら、蒸れるからふとん剥いでまんがな えらいこっちゃ風邪ひくがなとあわてて窓閉めにバタバタしたら3人とも目さましてしまいました

今やったら 駱駝敷 パシーマ、サニセーフに羽毛ふとんがあれば 窓開けてても眠れますんで サンタさん来るから みんな窓開けてね〜や〜って言っても安心ですという話でした

クリスマスまでまだもうちょっとあるのにこの話したなったんわ

お父さん、お母さん 今 子どもが使ってるふとん借りて窓開けて寝てみてください  眠れまっしゃろか 無理やったらでんな

クリスマスまで まだ 間に合いまっせ 窓開けといても眠れるふとん どないでっか

尚、この実験は大阪市内で行われたものであって 大阪より寒い地域のかたはご注意下さい

いろんな人に大切な思いを伝えたいので

 人気ブログランキングへ ←←←ココをクリックして下さい 

 

りんごの皮がむけない

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

おっちゃんは地域の主任児童委員をやってます 先日 その会議があって その中でのお話です

前にも書きましたが 最近はおうちでご飯を作らなかったり家族団らんで食卓を囲むことが少なくなってきていることが問題視されています

食べることは生きることの基本中の基本です その基本がちょっとおかしくなってるということで 地域活動で 親子料理教室や離乳食の講習会等を催すそうです

その中での出来事を聞いていて唖然としてしまいました

親子で参加してくれはるんですが 子どもの包丁の持ち方が危なっかしいという前にそのお母さんの包丁の使い方が見てられないほど危なっかしい

じゃがいもの皮むきがあると ピーラーなんかはグループで1個ぐらいしか用紙していないですよね 一人が使ってると ずっと待ってはるそうなんで 包丁でむいたらって声かけたら じゃがいもを包丁でむいたことないから怖くてできないと言われたそうです

りんごの皮むきもそうなんですって おっちゃんでもリンゴの皮、包丁でむけまっせ それがでんな皮むき器がないとできんっていうそうです

リンゴの皮むきなんて小学生でもできると思ってましたわ 子どもの頃皮むき競争とか 誰が一番長くむけるかとかやったけどなあ

もうひとつ 離乳食の講習会をやると 「そんなことせなあかんのん めんどくさいわ お母さんに頼んで作ってもらおう」・・・ おい、おい、お前がお母さんちゃうんかいとつっこみたくなりますなあ 何回か講習があったそうですがその妊婦さん二度と来なかったそうです

これを聞くと家にまな板がないとかいうのもまんざらウソでもないことがわかりますなあ

まあ ほんまに 包丁も使えんかったら そりゃ 料理できまへんわなあ

ちゃんとご飯食べさして ちゃんと寝かせてくれたら それだけで子どもは育ちますねん ほんまにどないしたらええねんやろね

みんながみんな そうやないのはわかりますが そういう家庭(家庭やないねんけど)に 虐待やいじめの原因があるんちゃうのんかなあ

おっちゃんの地域でもこの辺を考えた企画せなあきまへんなあと痛感したしだいです

いろんな人に大切な思いを伝えたいので

 人気ブログランキングへ ←←←ココをクリックして下さい

ふとん屋のおばちゃんは見た!

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

おっちゃんはあんまり出くわしたことがおまへんが ふとん屋のおばちゃんはしょっちゅう見かけるそうですってなんのことかわかりまへんわなぁ

スーパーに買いもんに行ったときですわ マナーの悪いお客さん ほんまに行儀の悪い子どもと親、

いつもうちで買ってくれはるほんまに上品で温厚そうなお客さんがいたはるんですが・・・・

が・・・・ スーパーの商品、インスタントラーメンやら何か柔らかいたいたもんをくちゃくちゃとつぶしながら歩いたはるんですって ぎょっとしまっせそんなとこ見たら 何で!えっ〜 あの人が・・・・・・

きっと何か大きなストレスを抱えたはるんやろうって言ってたんですが 見かけではわかりまへんな〜 その姿がほんまやったら怖いですわ!

おっちゃんの店に子連れで入ってきて 子どもに好き放題させといてちっとも怒らん親 やっぱりどこ行っても同じですわ スーパーで子ども走り回って 商品落とすわ お菓子勝手に開けて食べ出すわ それでも注意せえへん 見てないふりしとるそうな・・・ おっちゃんの店では おっちゃんにたたかれますからすぐおとなしくなります

そうかと思ったら ずっと怒りっぱなしの親 所構わず怒鳴り散らしてる 子どももいつものことやとぜんぜん言うこと聞かん!最後はいつも こわいおっちゃんが見たはるでぇって おれへんかったら何してもええ言うてるのと一緒でんがな これもスーパーでやりたい放題 グリコのおまけ 勝手に開けて持っていったそうな いつも怒ってたらあきまへんのや それが普通の言葉やと思いまんがな ぜんぜん怖いことあれしまへんがな きっと家でもあんなんやろなあ

きれいな服着た若いおねえさん、こんなひとが・・・・店の中ででっせ 勝手に商品開けて食べたはる・・・ そりゃあとでレジに袋だけ出さはるのやと思うけど 普通そんなことしまっか

今度一回じっくりスーパーの中で観察してみよと思います

おっちゃんも時々食材買い物に行きますがよく見ないとそんなものにあたるかもしれません

たまごは必ず裏を見ること インスタントラーメンは粉々になってないか触ることその他入念にチェックしてから買ってきてやとふとん屋のおばちゃんに言われました

それにしてもどないなってまんねんやろ みんなすごいストレス抱えたはるんやろね  エエふとんでグッスリ寝て、ごはんちゃんと食べてたらそんなことにならんと思いまっせ

いろんな人に大切な思いを伝えたいので

 人気ブログランキングへ ←←←ココをクリックして下さい

家具屋さんの言う方が正しいって

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

先日のお客さんのことです 子どもが大きくなったのでベッドを買ったということです

お客さん:「もうすぐ届くのですがその上にのせる敷パットだけ下さい」

おっちゃん:「ベッドって 下にマットがあるんですか」

お客さん:「10センチぐらいのマットがついています」

おっちゃん「でもね それだけやったら子どもさん
       蒸れて眠りにくいですよ」

お客さん:「だから敷パットがほしいんです」

おっちゃん「そんな程度ではダメです 敷ふとんがないと
       新陳代謝の激しい子どもの水分吸うちからおまへんて」

お客さん:「そうなんですか ふとんいらんって言われたから
       パットだけ買いに来たのに
       それやったら もう一度相談して出直します
       予定外やしね」

ということで一度帰られて 相談されてまた来はりました

お客さん:「やっぱり入らないそうです マットがあるから
       それで眠れるんですって」

これは家具屋さんで説得されてしもたな 仕方おまへんあんまり言うても 聞いてくれそうにないし 自分で気づいてもらうしかありまへんなあ  先に相談されとったらこっちの言うこと聞いてくれたやろうなあ

おっちゃん:「そうですか まあよろしいわ そうしはったらええ 
        もしあかんかったら相談してください
        せやけど そのパットですけどな
        このサニセーフというのんにしといてな
        他の化学繊維入ったパットだけはあきまへんで」

ということで敷パットはサニセーフを買ってもらえることになっただけでもよかったですわ

家具屋さ〜ん 10僂離泪奪箸防潺僖奪箸世韻任呂△まへんて なんでそんなんで大丈夫なんて言わはったんやろか せめて3圓阿蕕てった敷ふとんが必要なんでっせほんまに

いろんな人に大切な思いを伝えたいので
 人気ブログランキングへ  ←←←ココをクリックして下さい
           できればこの下のCommentsをクリックして
               コメントをくださればうれしいです 

早寝 早起き 朝ご飯

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

昨日の朝日新聞に載ってた記事からです

「早寝早起き」ノススメ(朝日新聞9月25日付)

「家庭での生活習慣と学力の関係が、にわかに脚光を浴びている。「ゆとり教育」のような教育施策よりも影響が大きい、と訴える現場の先生もいる。文部科学省も今年度から、小学校を対象に「早寝早起き朝ご飯」の取り組みを始めた。昔から言われてきたことが今また強調されるようになった理由は――。

◆生活習慣と学力深い関係 成績いい子は8〜9時に寝る

■■ 学力順 生活習慣ランキング ■■
ベスト3 (1)夜8時から9時までに寝る
(2)家で勉強を2時間以上3時間未満する
(3)学校以外で1カ月に本を10〜12冊読む
ワースト3 (1)朝食を毎日食べない
(2)勉強は大切だと思わない
(3)家での勉強時間が0分
※山口県山陽小野田市の作成したランキングから抜粋

宮崎市で8月に開かれた日本PTA全国研究大会。山口県山陽小野田市の江沢正思教育長が、この春始めた「生活改善・学力向上プロジェクト」を報告した。

 市は5月、市内の全小学生約3700人を対象に学力検査(国語・算数)と知能検査、さらにテレビや睡眠時間、朝食などの生活習慣の3調査をして、クロス集計して相関を調べた。

 すると、テレビ視聴時間は長くなるほど学力テストの成績が下がり、特に5時間超の層は極端に低かった。寝る時間は「午後8〜9時」の学力が最も高く、それ以降は遅い子ほど成績が下がるとの結果が出た。

 それだけでなく、「知能発達」への影響にも注目したのが調査の特徴。江沢教育長は、朝食をいつも食べない層は学力テストだけでなく知能検査の数値もよくないという今回の調査結果を例に挙げ、こう語る。「生活習慣は子どもの脳に生理的影響を与えると考えられる。生活習慣を学力の指標として示せば、保護者も改善しようとする原動力になる」

 市教委はどの生活習慣が能力発揮のためによいかを訴える「学力順生活習慣ランキング」=表=を保護者に配り、生活習慣の改善を訴えることにした。

◆「親子の会話、読書、睡眠を」

 やはり東京都港区で8月に開かれた「教育夏まつり2006」でも、著名な教師らが「学力向上には家庭での時間管理が第一歩」と、参加した親子に訴えた。

 学力向上の実践で知られる陰山英男・立命館小副校長は模擬授業で、「テレビ視聴時間は1時間半を超えた辺りから成績が落ちてゆく」と指摘。テレビなどの時間を減らし、親子の会話や読書、睡眠など、脳に良いことに回すよう説いた。

 シンポジウムでは、「よのなか科」で知られる藤原和博・杉並区立和田中校長が「中学生の携帯電話利用は、夜中に2時間個室にこもってショートメールを200通やりとりするような例もまれではない」と語った。

 さらに、テレビや携帯電話に1日3時間費やすと年間では中学校の総授業時間を超えてしまうと指摘。「子どもにテレビやケータイを好き放題に使わせておいて学力の問題を学校などのせいにするのは、ちゃんちゃらおかしい」と強調した。

 藤原氏の後を受けてマイクを握った港区教委の藤井千恵子指導室長も、都教職員研修センターの調査(03年度)から、こんなデータを紹介した。《家族との会話(1回20分以上)頻度について「ほとんどない」と答えた子の割合は、小6から高校生までどの年代でも30%弱と一定している》

 そして、こう語った。「親子の会話は年齢が上がるにつれて減ると予想していたので、意外だった。会話をしていない家庭は、初めからしていないのではないか」。実は、77年の同種調査と比べると、全体の平均としては03年のほうが家族会話の頻度は増えていた。藤井室長は「ここにも会話のある家庭とまったくない家庭という『二極化』傾向が表れているのではないか」と話す。

◆共同生活の一員の自覚 子どもに伝える必要

 横浜国立大学の高橋勝教授(教育人間学)の話 高度成長期の工業型社会では、学校は将来必要な知識、技能や集団生活の規律を画一的に「教え込む」教育をしていた。地域社会の古い人間関係もまだ残っていた。その頃は、家庭で「自由・自律」で子どもに接することが、自立を励ます有効な手立てとして働いた。

 ところが、現代は家庭の中にまで情報・消費社会の「自己選択モード」が侵入し、子どもたちは家にいても個室でインターネットや携帯電話とつながり、大人と同じ「一人前の消費者」として振る舞う傾向が強まっている。食事もバラバラ、悩みもバラバラ。寝て休むだけのホテルのような家庭も珍しくない。

 本来、自由と自律は他者の尊重が大前提となる。ところが、消費社会は自己決定や「自己選択」の感覚を肥大化させ、自分の欲求を抑制する他者の感覚が希薄になる。

 この環境のもとで、子どもを単純に「自由」に委ねているだけでは、バランスのとれた他者感覚が養われない恐れがある。そこで、家庭でも学校でも、共同生活の一員であることを子どもに実感させること、親世代の価値観を子どもにしっかり伝えることが必要になる。

 たしかに親の育児負担感が強まっているなかで、家庭の教育力だけを強調するのは酷な面もある。地域社会のサポートも必要だ。しかし、やるべきことは難しいことではない。

 親子がなるべく一緒に食事をし、会話をし、一緒に生活するスタイルを取り戻すこと。そして、家庭に共同生活の機能を回復することが、子どもが学びに集中できるための不可欠の前提になる。」

午後8時から9時に寝ている子とそれより遅く寝てる子とでは学力に差が出てくるという調査結果がでたそうです また朝食をとらないと知能の発達も悪くなるそうです

子どもに携帯持たせてそれも自由に気ままに使わせて 個室を与えて 親子の会話がほとんどないなんて 異常としかおまへんなあ

親子の会話って 年令が上がるにつれて減るのかと思っていたら 会話のない家庭は最初からないわけなんですね それでも親は子どもに過度の期待をかけるもんやから どこかでプッツン切れてしまうことになるんやろね

寝て休むだけのホテルみたいな家庭はやっぱりあきまへんわ でもほんまにそういう家庭があるんですやろね 

前にも言いました 食卓を囲まなあきまへん そして親の力で早よ寝かせて早よ起こして しっかりごはん食べさせて一日が始まる これでないとあきまへんで

子どもは親を見てまんねんで 学校へ権利ばっかり主張して、ちっとも義務を果たさんようなことしてると 子どもは真似しまっせ そして社会に出て共同生活についていけんようになってしまいまんねんって ね!

おっちゃんも酔っぱらってふらふらしてるとこは子どもには見せられませんって毎日見られてるかな!

いろんな人に大切な思いを伝えたいので
 人気ブログランキングへ  ←←←ココをクリックして下さい
           できればこの下のCommentsをクリックして
               コメントをくださればうれしいです 

食卓を囲む

ようこそおいで下さいました
このままお帰り頂いてもよろしいけど よかったら読んで帰ってくれはったらちょっと得するかもしれまへん ついでにランキングへクリックもお願いします

食卓を囲んで家族で食事をする。一家団欒のひととき 大きな食卓、小さな食卓 華麗なる食卓 質素な食卓などなど いろいろあります

朝や昼は到底無理なことではありますが夕食はどこの家庭でも楽しいひとときであります

と思っていたのですが そうではない家庭が多いそうですね 子どもだけ先に食べさせる 気ままに都合のよい時間に食べるとかで 家族で食べることが少ないらしい

これって非常におかしいことなんですよね 食事の時間をコミュニケーションに使うのは動物の中でも人間だけやそうです よく似てる猿も日頃コミュニケーションをとるのにいざ食事となると一匹ずつとるんですね 食事の時間だけはコミュニケーションはとらないんです

ということは人間がサル化してきてることになります そんなわけでこれに気づいた自治体では 毎週○曜日は家族で食事をしましょうと奨励しているところがあると聞いています

おっちゃんの家では どんなに遅くなってもみんなでいっしょに夕食をとります その時間ぐらいしか 家族でお話しすることがありませんからいちばん大切な時間なんですね 息子達は晩ご飯が遅いから後の予定が狂うとか文句言ってます 中には子どもだけは決まった時間に食べささなアカンと注意されたこともありますが 自分としては 早く食べさせるよりコミュニケーションの方が大切やと考えて ここ6〜7年程は子どもも大きくなったので遅くなってもいっしょに食べてます

いかがでしょうか 食卓を囲んでいますか 人にとっては食事の場は大切なコミュニケーションの時間です 無理をしてでもその時間を大切にしましょう

とかなんとか言ってたら今日はおっちゃんの誕生日でした 昨年はとうとう半世紀も生きてきました と言っていたら 51になってしまいました

しかし、まだまだこれからでんながな 毎年一個ずつ歳が増えるんは当たり前や

気さえ若かったらよろしいと自分に言い聞かせているおっちゃんですが 今晩もHappyBirthdayと、とにかく理由つけて また飲みまくっているでしょう

 

いろんな人に大切な思いを伝えたいので
 人気ブログランキングへ  ←←←ココをクリックして下さい
           できればこの下のCommentsをクリックして
               コメントをくださればうれしいです 

けったいな子守唄

いろんな子守唄がありますね、去年のブログでマツケンサンバが子守唄というのを書きましたが 今回紹介するのは炭坑節ですってけったいな子守唄でんな

これは水草のりこさんの息子さんを寝かすときの子守唄だそうです 詳細は「水草のりこのラフスケッチ」をご覧下さい

他にどんな子守唄があるのでしょう ちょっと変わった子守唄があったら教えてください 

前にも言ったように 子守唄は条件反射のひとつです 子どもを寝かすときの儀式のようなもんで この歌で眠くなる  ぬいぐるみにおやすみを言ったら眠るとか 中には タオルを持ったら眠る子がいて 一回洗うとダメだということで 洗えなくて困ってるお母さんが居たはりました

うちの長男も 小学校の6年ぐらいまで 「ちゅうたん」と言って ネズミのぬいぐるみを寝るときぜったいに抱いていないと眠りませんでした 今では 飼い犬の「めい」がおもちゃにしていっしょに寝ています

子守唄でも 絵本でも何でもいいから 眠る儀式に使って 子どもは早く寝かし 早く起こしましょう

土曜日、小学校の体育館でお化け屋敷しました 大盛況でした 今日 写真をアップしよと思いましたが 終わったあとの打ちあげで酔っぱらっていたので どこかに忘れたか 道に落としたか ぜんぜん記憶におまへん どないしょ!

いろんな人に大切な思いを伝えたいので
 
人気ブログランキングへ  ←←←ココをクリックして下さい

           できればこの下のCommentsをクリックして

               コメントをくださればうれしいです  
記事検索
営業日カレンダー
Profile
おっちゃん
最近の寝具の多様化に嘆いているおっちゃんです 天然素材を使った寝具を重点的に活用し、寝たら治るを一生懸命訴えています 
無料で睡眠や寝具の相談にのっています。コメントでも、メールでも電話でもなんでも結構ですので、問い合わせてくださいね。店に遊びに来てもいいですよ 知らないこともまだまだあるのでわからないことは徹底的に調査してお返事しますのでよろしくお願いします
お勧めの本








Recent Comments
Archives
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ